Saint Dance

静けさの中に耳を澄ませ、生命そのままのリズム…星々のステップに身を委ねませんか。 リンクフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

或役立たずの道程



誰ひとり記憶も記録もしていない
この旅を

誰かがもしも見つけたら
さぞ物笑いの種だろう


一握りの砂さえも
運ぼうとして運びきれず
力尽きてもまた歩き
それはまったくの徒労じゃないかと

しかもその苦渋に塗れた道のり
しかしその奇跡に溢れた道のり

誰も知る由なく

周囲に人が居たとて、
決して彼らの目には入らず
力の限り叫べども、
一人として微かな吐息すら届いていない

(むしろわざと隠されているのではないかと思えるほどだ!)

ああ
誰に判ってほしいわけじゃない

だから
信じるこの思いを
抱えて
抱えて
ただ歩き続けるだけなのだけど


スポンサーサイト
願い | コメント:0 | トラックバック:1 |

砂を握る



この砂を遠くへ運びたくて

意味があるかはわからないけれど
わたしの思いには嘘がないから
そうせずに居られない


どこまでも遠くへ運びたくて
一粒でも多く運びたくて
掌に握りしめる


あてはないけど
目指すべき場所はある
そんな旅の途中で

道に迷い
躓き
水を求めて彷徨い

その度にわたしの指からは
命ほど大切な砂がサラサラと零れる

泣いている暇はない
残りのこの砂を運ばなければ


足を前へ前へと進め
しかし迂闊なことに最後の数粒さえ掌から見失う

また砂を握り直し
旅路を急ぐ




願い | コメント:0 | トラックバック:0 |

いつかの約束

とびきりのひとでいたい。

とびきりのひとがいい。

とびきりのことじゃなくちゃ。


わがままかな。

でも与えられたものだから。

用意されてたものだから。


迷い?

ないない。

だって、運命に逆らえるほど傲慢になれないもん。


不安?

ないない。

そんなのどっかで捨てたみたい。


疲れ?

知らないよ。

それ、おいしい?



テーマ:祈り - ジャンル:日記

願い | コメント:0 | トラックバック:0 |

山に向かう


透明な滴のそのわけは。

きっととてもはるかな旅路。


ちいさいくせにおおらかで。

それでいて緻密。


…うんと耳をすましても、心だけでようやく…


聞いて、わたしも行きたいの。

聞いて、わたしのそのわけを。


そろりそろりとまいりましょう。


動け、時よ。

光の速さをこえてまでも。



akegata

願い | コメント:0 | トラックバック:0 |

月の光

やけに明るいこの夜は

不思議なひかりに満ちている

闇を照らす丸い月

魑魅魍魎が逃げ惑う

闇夜を住み家の獣たち

光のもとにさらされる

月の白いあかりでも

彼らの体を灼きつくす
願い | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。